●信頼の証
  どのような状況でも常に安定した情報配信ができるように、配信サーバーに接続されている緊急地震速報の受信端末の
  接続数を制限しています。
  接続数を制限することで、いざという時の配信遅延を防ぎ確実な配信を実現しています。
   ※2007年10月1日以降、気象庁発表の緊急地震速報(本震)配信率100%
    (無事故4100日以上更新中 2019年2月現在)

●ピンポイント情報(予測震度・猶予時間をお知らせ)
  気象庁が配信する緊急地震速報を、24時間リアルタイムで受信し、本体設置場所(緯度・経度・地盤増幅率を本体に登録
  します)における予測震度、地震到達までの猶予時間をお知らせします。
  それにより、予測震度や猶予時間に応じた避難行動・避難対策・機器制御を行うことができます。
  警報をお知らせする震度や、機器を制御する震度を自由に設定することが可能です。

●地震の確からしさ (告知精度設定)が可能
  スーパーなまずは高度利用者向け緊急地震速報を受信しています。
  高度利用者向け緊急地震速報では、ひとつの地震に対して複数回の緊急地震速報が配信されます。
  最初に配信される速報を第1報とし、2回目の配信を第2報、以後3報、4報、5報、、、、最後に最終報が配信されて終了となります。
  ひとつの地震で何回配信されるかは、地震の規模により異なり通常は5報から20報程度配信されます。
  第1報より2報のほうが精度(予測震度・猶予時間)が高く、第2報より第3報のほうが精度が高くなります。
  第1報で緊急地震速報を受信すれば、いち早く緊急地震速報を受取ることができますが、予測震度や猶予時間の精度が低い場合も
  あり、誤報の可能性も含まれています。
  第2報以上で緊急地震速報を受信すると、速報を受取る時間は第1報より遅くなりますが、より精度の高い予測震度や猶予時間を
  受取ることができます。  誤報の可能性も低くなります。
  スーパーなまずは、本体の発報基準として第1報もしくは第2報から選択することができます。
  少しでも早い発報を望む場合は、発報基準を第1報とし、誤報を防ぎたい場合や精度の高い予測震度・猶予時間を知りたい場合には、
  第2報を採用します。
  ※便宜上、第1報、2報などと記述していますが、スーパーなまずでは1観測点、2観測点として表示しています。

●予報から警報への切替再発報
  スーパーなまずが「予報」として発報、カウントダウンの途中で気象庁から「警報」による緊急地震速報を受取ると、瞬時に
  再計算し警報による発報を開始します。  (警報設定がしている場合)
  また、本体が発報中であっても、より大きな震度情報を受信すれば、瞬時に修正発報。
  発報音声の詳しくは、スーパーなまずの発報音声パターンを参照。

●猶予時間がない場合でもアナウンス
  設置場所から震源地までの距離が少ない場合には、気象庁からの緊急地震速報が間に合わないことがあります。
  このような場合、通常の緊急地震速報 受信装置では発報することが出来ません。
  たとえ発報が間に合わない場合でも、揺れている間に震度情報や安全確保のアナウンスをすることは重要なことです。
  そこで、スーパーなまずは「揺れている間の安全確保」を確実にするために、間に合わない場合でも適切なアナウンス
  をすることが出来ます。   発報音声の詳しくは、スーパーなまずの発報音声パターンを参照。

●津波警報
  地震だけでなく、津波警報にも対応。  全国を66区域に分けた気象庁津波予報区での発報が可能。

●4接点出力 3接点入力
  4接点出力を搭載、それぞれに個別震度の設定が可能。   P波センサーなどの接点入力として3接点を装備。
  例えば、、、、
  接点1・・・震度設定を5弱で設定、震度5弱以上の地震で放送設備の自動起動させる
  接点2・・・震度設定を4で設定、震度4以上の地震で自動ドアの開閉制御をする
  接点3・・・震度設定を3で設定、震度3以上の地震でエレベータを制御する
  複数の震度を設定をすることが出来るので、異なる機器を任意の震度で制御することが可能にります。 

●直下地震も検知!  限りなく誤報を排除!   「直下ドラゴン」との連動が可能
  高機能P波センサーや直下ドラゴンを接続することで、直下地震の検知をしたり、限りなく誤報を排除することが可能。

●大地震発生に伴う回線切断時のバックアップとして「デジタルもぐら」との連動が可能
  FMラジオタイプの「デジタルもぐら」との連動で、インターネット回線が切断されても緊急地震速報を受信することができ
  ます。  また、東海地震警戒宣言、 自治体要請の緊急警報放送にも対応!

●放送設備・自動ドア・エレベータ・外部機器との連動
  スーパーなまずが警報発報すると、放送設備を自動起動し館内へ一斉放送、電光掲示板を表示、パトライト回転灯の制御、
  製造機器の緊急停止など、機器の制御が可能。
  発報終了後には、放送設備の一斉起動を解除し機器の自動復旧ができます。

●避難誘導の音声
  カウントダウン0(ゼロ)の後、避難誘導・注意喚起の音声を出力する事が出来ます。   音声の選択リストはコチラから

●端末スリープ設定機能
  深夜時間帯など動作させたくない時間帯は、受信動作を停止させる事が出来ます。

●時報機能
  指定時間に時報を鳴らします。  スーパーなまずと放送機器が接続され、動作している事が確認出来ます。

●音声遅延制御(頭切れ防止)、音声切替機能、プリアンプ機能搭載
  チャイムなどの音声を接続する事が可能です。  スーパーなまずの発報時には音声を自動切替、緊急発報します。
  また、音声の出力タイミングを放送設備の立ち上りに合わせて音声出力(頭切れ防止)、プリアンプ機能も装備!

●発報履歴
  過去最大90日の緊急地震速報の受信履歴及び発報履歴が閲覧できます。

●防災訓練・試験放送がいつでも可能
  緊急地震速報を活用するためには、継続的な防災訓練を実施することが大切です。
  また、試験放送をすることで、機器本体と放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)などとの連動
  確認を行うことが出来ます。
  本体ボタンの操作で、いつでも防災訓練・試験放送を実施することが可能となります。
  防災訓練・試験放送に関しての詳細はコチラから

●通信状態保守
  大好評!  遠隔監視サポート!   気象庁との接続状態を遠隔監視!
  通信障害による切断異常を機械任せにしません。
  通信エラー時には、15分後にメール、20分後には弊社からご担当者へ直接お電話でお知らせします。
  詳細はコチラから

●本体修理保守
  ご導入から5年間は、本体機器の故障修理費を無償で実施いたします。    詳しくはコチラから

●代替機保守
  機器が絶対に故障しないという保証はありません。
  機器に障害が確認された場合には、代替機を先出にて送付致します。   詳しくはコチラから

●アップデート保守
  常に本体が安定稼働できるように、お客様がより精度の高い緊急地震速報が受けられるように、バージョンアップを
  無償で実施     詳しくはコチラから

●電話サポート保守
  機器の震度設定や、その他の設定内容の確認したいけど、操作方法が、「取扱説明書だけでは不安」、一緒に設定をしてほしい。
  防災訓練をしたいのだけど、配信サーバーから訓練用の緊急地震速報を配信してほしい。
  どのようなことでも専用電話でサポート!    詳しくはコチラから

●周知広報サービス
  二次災害を防ぐため、周知広報用のスタンド及びポスターを配布しております。    詳しくはコチラから

●気象庁ガイドライン準拠
   「気象庁 緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」に準拠
  しております

●サイネージ、PCへの警報割込表示 (オプション)
  放送設備による一斉放送とは別に、オプションのタイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、
  警報情報の割込表示が可能となります。
  さらなる活用範囲が広がりました。    詳しくは、コチラから
Jコーポレーション
進化!
伝説の 「なまず」 が、ここまで
緊急地震速報
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
J コーポレーション
スーパーなまず 特徴・機能

スーパーなまず 特徴や機能

DN-SH600J  津波警報にも対応
緊急地震速報
機能・特徴
スーパーなまず 動作イメージ